OMSI へ



e0128367_2565463.jpg


OMSI は、オレゴン科学産業博物館。 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』 展を観に行きました。




e0128367_2573557.jpg


「『ダ・ヴィンチ』 展を観に行きたいな~」 と夫に話していたやさき、友人が二人分の無料券をくれました。 だから夫はまだ口内の痛みがあったけど、ちょっと無理して期間終了前に go。



e0128367_258297.jpg


夫の都合で週末に行ったため、長蛇の列に並んで入場。 展示室も人だらけ。
説明文はじっくり読めませんでした。
展示室内は撮影禁止なので、『ダ・ヴィンチ』 展とは関係ない写真ばかりです。 あしからず。



e0128367_2582761.jpg


広~い会場に、ダ・ヴィンチの発明・発見の数々がぎっしりと展示されていました。
産業に貢献した、歯車やてこの原理を使った装置や、鳥の翼を観察して模倣した飛行具、潜水具、軍事用の戦車や武器。 楽器もデザインしていたんですね。
そして、人体解剖の詳細なスケッチ図。 医学への貢献。 30体以上の老若男女の解剖に立ち会ったそう。

(この写真には、会場内から見えたドラゴンボートが写ってます。 毎年競技があるので、この時期川で練習しています。)




e0128367_259560.jpg


ダ・ヴィンチの設計に基づいて、イタリアで作られた実際の装置が多数展示されていました。
触って動かしても良い、体験型の物もありましたよ。
彼のすごいところは、設計図を細工して、他の人が設計図通りに作っても機能しないようにしていたところです。



e0128367_2593144.jpg


絵画は、「最後の晩餐」 「モナ・リザ」 「白貂を抱く貴婦人」 など、本物ではありませんがコピーが置いてありました。 
「モナ・リザ」 は、変色する前の色はこうだったとか、実際はもっとにこやかに微笑していたとか、元は眉毛と睫毛があったとか。



e0128367_2595746.jpg


万物の原理を絶えず考え、解明したいと願い、応用法を考案していた人なんだなぁ、と思いました。
傍から見たら、かなりの変人だったかもしれませんね。

今までダ・ヴィンチの絵画にしか注目していなかったけど、彼がなぜ「万能の天才」と呼ばれるのか、分かりました。 (しかも美男子だったそうです。)
[PR]
by kyono_soramoyo | 2009-05-08 03:06 | 風景 / Scenery

日常のきれい、かわいい、おもしろいものをアメリカから御紹介。 Instagram の写真は、flowercolors1 でご覧ください。


by kyono_soramoyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31