こだわり



e0128367_5583294.jpg


      最近突然、主婦業が楽しくなってきた。 どういう心境の変化だ ? > 私




料理をしたいと思えるようになった。 ええ、今までもずっと料理はしてましたけどね。 
面倒くさいと感じなくなったのは、飛躍的進歩だ。

アイロンがけさえ、なにかアイロンをかけるものはないかな~、と探すほど。
 
そのかわり、もともとわりと好きだった掃除は、お掃除ロボット・ルンバくんにおまかせしたくなった。 そのうち購入予定。


e0128367_558597.jpg


家事の楽しさは、道具が重要だと認識。 

例えば、上のオーブン・トースター。 天窓が付いて、上から焼けぐあいが見えるものを購入。

オーブン料理用のキャセロール (グラタン皿みたいなもの) は、キウィ色のル・クルーゼを愛用。

アイロンも、アメリカで買えるデザインは気に入らなくて、日本からピンク色のコードレスを持って帰ってきた。 見た目がかわいく、機能的。

自分の好みのものだから、使うのが楽しい。


e0128367_5592652.jpg

   R さん宅のいちじくはそのまま食べるのも最高だけど、ちょっと焼いてみることに。


こだわりがあることのマイナス面は、気に入ったものが見つかるまで、なしですませる不便さ。

私は夫からは 「あまり物を買わない人」 だと思われているが、それはアメリカにあまり好きなデザインがないためと、好きだと思う物は非常に高価なため (笑)。

だから、買うときは高くつく。


e0128367_751158.jpg


私ほど好みがうるさいかどうかはともかく、主婦にとっての道具は職人の道具と同じ。 使い勝手がよく気に入ったものだと、仕事がはかどるんだと実感している。
[PR]
by kyono_soramoyo | 2008-10-14 07:17 | おいしいもの / Yummy Food

日常のきれい、かわいい、おもしろいものをアメリカから御紹介。 Instagram の写真は、flowercolors1 でご覧ください。


by kyono_soramoyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31